Column - 毎日の生活に役立つコラム

子育て世帯におすすめのボーナスの使い方!

夏のボーナスの近い道は、貯蓄や外食、レジャーなど人によってさまざまですが、子どもがいる家庭ではある程度使い道が限定されます。ここでは、そんな子育て世帯におすすめのボーナスの使い方について解説したいと思います。

「待ち遠しい夏のボーナス!」

一般的にボーナスは夏と冬の年2回存在し、具体的な支給日は会社によって異なるものの、ほとんどの会社では7月の初旬に支給日が設定されています。一方で公務員の場合は毎年6月30日が夏のボーナスの支給日とされており、民間企業の中にも毎年同じ日にちにボーナスの支給を行っている会社が存在します。

ボーナスの具体的な金額は会社によって大きく異なり、それには会社の業績や規模も大きく関係します。そのため、大企業では1回のボーナスで基本給の2.5カ月分程度が支払われることもあるのに対し、中小企業ではボーナスが基本給の1カ月分程度ということもあり、その金額によって使い道も大きく異なるといえます。

「子育て世帯のボーナスの使い方は?」

単身者や夫婦だけの家庭ではある程度自由な使い方ができるボーナスですが、子どもがいる家庭においてはしっかりとした使用計画を立て、子どものためにもなる有意義な使い方を考えなければなりません。

一方でボーナスの支給金額は上述のとおり人によって異なるだけでなく、教育費やローンの支払い、生活費などに必要な金額もまた人によって違ってくることから、ボーナスの有意義な使い方は人それぞれといわざるを得ません。

しかしながら、ボーナスの支給金額のうち最低でも7割程度は貯蓄に回すのが好ましいとされていることから、有意義な使い方の基準は以下のようになります。

貯金:7割 / 生活費:1割 / 教育費:1割り / ローンの支払い:1割

以上のことからもわかる通り、ボーナスの支給金額は人によって大きく異なるため、安易に割合だけでその使い道を決めるべきではありませんが、子どもがいる家庭ではボーナスのほとんどを子どものため、あるいは家庭のために使用しなければならず、自由に使用できる金額は1割にも満たないといわざるを得ません。

しかしながら、一生懸命働いて稼いだお金がすべて上述のような用途で消えてしまうことはどこか味気ない感じがしてしまうのも事実です。そのため、ボーナスが支給されたら1割に満たない金額であっても自由に使える分を確保し、自分や家族に頑張ったご褒美として「プチ贅沢」をさせてあげるというのもおすすめです。

「子育て世帯におすすめなご褒美はプチ贅沢」

ボーナスの使い方の中でもプチ贅沢として特に人気が高いのがレジャーや旅行です。特に夏のボーナスの支給時期は子どもの夏休みの直前でもあるため、家族そろってのレジャーや旅行にボーナスの一部を使用するというケースも多いようです。ですが、レジャーや旅行の費用は高額になりがちなため、誰もができるプチ贅沢とはいえないでしょう。

また、外食もプチ贅沢のひとつとして人気が高く、ボーナスの使い道としても最適です。しかしながら、外食の場合も子どもが多い家庭などでは高額な費用が必要となることがあるため、必ずしもすべての人におすすめできるボーナスの使い方とはいえません。

以上のことから、ボーナスの使い方の中でも人気が高いレジャーや旅行、外食は、小さな子どもがいる家庭にとってはハードルが高いといわざるを得ません。そのため、ボーナスの使い道としてのプチ贅沢には、少ない金額で子どもも満足できる、いつもよりちょっと高めのおいしいお菓子やケーキがおすすめです。特に、子どもや家族の健康のためには無添加でこだわりの素材を使用した美味しいお菓子が適しています。

まとめ

ここではボーナスの使い方の中でも、子育て世帯におすすめの方法について解説しました。無添加でこだわりの素材を使用したお菓子は、子ども向けのプチ贅沢としてもおすすめですので、ぜひ購入を検討してみてください。

ページトップへ