Column - 毎日の生活に役立つコラム

夏バテ対策におすすめの食事のとり方

夏バテになってしまう原因は?

暑い夏は体温が上がり、皮膚の血管が拡大して、身体の表面に血液が集まることで汗が出ます。しかし、ジメジメと湿度が高い気候では汗が蒸発できないため、体温調整が困難になり、体内に熱がこもって疲れやすい状態になってしまうのです。

また、夏の暑さで身体がだるくて食欲がないので、飲み物だけを過剰摂取してしまうことで、消化力が低下することもあります。そのため、さらに食欲がなくなるという悪循環が起こってしまいます。

そして、夏の夜は暑く寝苦しくて、朝すっきりと目覚めることができずに生活のリズムも乱れます。つまり、これらの要因が重なり、夏バテの症状を起こしてしまうのです。

夏バテ対策のポイント


暑い夏も元気に乗りきるために、簡単にできる夏バテ対策をご紹介します。

・食欲がない時は胃に負担がかからない質の良い食事を
食欲がなくて食事量が減っても、質の良い食事が摂れていれば問題ありません。魚・肉・卵などの良質なたんぱく質、果物や野菜などのビタミン、海藻などのミネラルは消化がよく胃もたれの心配もありません。いろいろな種類の食べ物をバランスよく摂取できるメニューを考えましょう。

・食欲増進効果がある香辛料がおすすめ
唐辛子・カラシ・生姜・わさび・こしょうなどの香辛料は身体を温めることができて、食欲も増進します。みょうが・ねぎ・シソなどの香味野菜も食欲増進させる食材。いつものレシピにプラスすることで、簡単に夏バテに効く食事が出来上がります。

・冷たいものは取り過ぎない
暑いと冷たいアイスや飲み物、清涼飲料水を口にすることが多くなりますが、胃腸をこわし、食欲がなくなる原因になります。暑い夏でも1回の食事のうち1品は必ず味噌汁などの温かいものを食べるようにしてください。

・新鮮な野菜や果物をたっぷり
暑い夏は汗をかいて、ビタミン類も一緒に身体から流れてしまうので、新鮮な果物や野菜を十分に摂ることが大切です。かぼちゃ・ゴーヤ・きゅうり・スイカなどの夏に美味しい食べ物を食べて暑気払いをしましょう。

・消耗しがちなビタミンB1の補給
夏はビタミンB1を多く消耗するので、ビタミンB1が不足しがちです。体内に摂取した栄養をエネルギーに変えるビタミンB1が不足していると、疲れやすくなり夏バテにつながる危険があります。うなぎ・ほうれん草・ごま・大豆・玄米・豚肉などのビタミンB1が多く含まれた食品を摂取することが必要です。さらにビタミンB1の吸収を良くするために、ニラ・ニンニク・ねぎ・タマネギなどのアリシンを含む食品と一緒に食べることがおすすめ。

・汗といっしょに流れてしまう水分、ミネラルを補給
汗と一緒に水分、ミネラルが流れてしまうと身体の代謝が悪くなり、夏バテにつながります。肉・レバー・野菜・豆類・海藻類・魚介類・小魚・乳製品などミネラルが豊富に含まれる食材を積極的に摂ることが大切です。

・疲労回復に役立つクエン酸を積極的に
レモン・オレンジ・グレープフルーツ・梅干しなどに含まれるクエン酸は、乳酸を排出する働きがありますので、疲労回復のために積極的に摂取してください。ミネラルの吸収をサポートしてくれるクエン酸は、1日数回に分けて毎日摂り続けることで、屋内外の熱中症予防をすることができます。

・規則正しい生活と運動習慣
外に出ると暑いからといって、冷房の利いた部屋でダラダラと過ごしてしまいがちになってはいけません。夏バテ予防には運動も大切なのです。暑い日中は室内でもできるストレッチや踏み台昇降などの運動をしましょう。早朝か夕方の涼しい時間帯は公園をウォーキングするのもおすすめ。毎日、運動する習慣があれば、夜もぐっすりと眠ることができて、規則正しい生活が送れます。

夏バテ予防におすすめの食べ物


夏バテ予防には、適度な運動、規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事が大切です。暑くて食欲もあまりない夏の日にとくにおすすめしたい食べ物がうなぎです。うなぎに含まれているビタミンA・ビタミンE・コラーゲンは、夏の日差しでダメージを受けたお肌をいたわる美容効果もあるのです。

大阪府堺市中区にある自然食レストラン&ショップのナチュラルガーデンでは、夏バテ対策や美容のためにも欠かせない、うな重を販売予定です。(ネット販売はありません。店舗での販売になります。)

土用の丑の日にはうなぎを食べて、暑い夏を元気に乗りきりましょう。

ページトップへ