Column - 毎日の生活に役立つコラム

こどもの日の「鯉のぼり」に込められた意味|由来と歴史

5月5日のこどもの日といえば、「鯉のぼり」ですよね。青空に大きな鯉のぼりがたなびく姿は壮観で、見ていてワクワクしてしまいます。
しかし、どうしてこどもの日には鯉のぼりなのでしょうか。
今回、鯉のぼりに込められた意味や、鯉のぼりにまつわる歴史について解説したいと思います。

「鯉のぼりに込められた意味」

こどもの日に鯉のぼりを立てる習慣は、「登竜門」という伝説に由来します。
登竜門というのは、激しい流れの滝を登り切った鯉が龍になったという伝説です。
このエピソードから鯉と同じく、「どんな苦しい環境にも耐えて、立派に成長できるように」という願いを込めて、鯉のぼりを立てるようになったのです。
青空を元気に泳ぐ鯉のぼりには、我が子の成長を願う親心がこもっていたようです。

「鯉のぼりの歴史」

「鯉のぼり」の歴史は古く、江戸時代中期までさかのぼります。
はじめは、「絵のぼり」という節句に立てる武者の絵が描かれた旗の付属品として生まれました。
やがて、町人が力をつけるようになると、立身出世を願う鯉のぼりが盛んに飾られるようになっていったのです。
ちなみに、現代の鯉のぼりは、黒や赤、青の鯉などがあってカラフルですが、本来は黒の鯉のぼりしかなかったのです。
実際に江戸時代の様子がうかがい知れる浮世絵には、黒い鯉しか描かれていません。
明治、大正、昭和と時代を経るにつれて、赤や青の鯉が加えられていったのです。
また、鯉のぼりの先端についている車輪も、武家の飾りだったことの名残の一つです。これは、「矢車」と呼ばれるもので、武具(弓)からきているものなのです。
この矢車には矢車が回り、音が鳴ることで、神様に見つけもらいやすくしたいという意味が込められています。

「こどもの日に食べたいグルメ・スイーツは?」

鯉のぼりを立てて、こどもの立身出世を願うこどもの日には、せっかくなら健康的な食べ物で食卓を飾り、こどもの健やかな成長に繋げたいですよね。
「ちまき」や「柏餅」、「草餅」といった、こどもの日の定番の和菓子も良いのですが、ここでは、それ以外にもおすすめのグルメやスイーツを紹介したいと思います。

おもてなし御前 花舞(はなまい) 2,000円

柏餅や草餅といった和菓子を用意しているのであれば、こどもの日のお食事は「和」で統一してみるのもオススメです。ちらし寿司やフライの盛り合わせなど、お子さんが喜んでくれる内容になっています。「花舞」という名前も、青空に鯉のぼりが「舞う」こどもの日にはピッタリなのではないでしょうか。

フランシーズ こどもの日デコレーション 3,500円~

こどもが大好きな苺がたっぷりと飾られているデコレーションケーキもおすすめです。

せっかくのこどもの日、デザートには、大きなケーキを用意してあげて、特別感を演出してみるのもアリかもしれないですね

まとめ

こどもの日に立てられる鯉のぼりには、自分の子どもが逆境にも負けず立派に育ってほしいという気持ちがこめられていたのですね。
鯉のぼりとともに、健康的で美味しいお料理で食卓を飾って、楽しいこどもの日にしてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ