Column - 毎日の生活に役立つコラム

喜んでもらえる!お盆の帰省で持っていきたいお土産

日本では、お盆の時期に連休(お盆休み)を設定している企業が多いですよね。
そのため、お盆になると普段は離れている家族や親戚が帰省をして、近況の報告をしたり、故人を懐かしんだりすることでしょう。

久しぶりに会うのですから、手土産を持参するという方も多いのではないでしょうか。
ありきたりなものではなく、相手に喜んでもらえる手土産を持っていきたいですよね。
ここでは、おすすめのお土産をご紹介します。

お盆の手土産は親戚用と仏壇用の2種類

帰省時のお土産といっても、実は2種類あることをご存じでしょうか?

・親戚へのお土産
・仏壇への御供え物としてのお土産

親戚へのお土産としては、普段あまり会えない方たちに対してのあいさつと、日ごろの感謝の気持ちを表すために持っていくものです。
そして、仏壇への御供え物としてのお土産は、故人や先祖に対して、帰省時のあいさつの気持ちを込めたお土産となります。
このように、同じお土産であっても、意味合いが異なるのです。

ただ、絶対に2種類に分けなければならないということではありません。
親戚に持っていったお土産が、そのまま仏壇へ御供え物としてから、親戚でいただくというケースも珍しくありません。
特に親しい間柄ではそのようにすることもありますが、初盆や配偶者の実家などにいく場合は、分けておくと間違いはないでしょう。

お盆の手土産を渡すときのマナー

お盆のお土産を持っていく際は、包み紙などで包んだ状態で紙袋に入れて持っていくようにしましょう。正式なマナーとしては、紙袋ではなく風呂敷に包むのが望ましいです。
ただし、しきたりを重んじている家柄でないのであれば、そこまで気を使う必要はなく、紙袋で失礼になるということはありません。

実際に渡す際には、紙袋から取り出して直接手渡すと相手に丁寧な気持ちが伝わります。
できれば、あいさつを済ませてから机の上において渡すと、より丁寧な受け渡しとなるでしょう。

お仏壇のお供え物としてのお土産の場合は、仏様から文字が読める向きで置くようにしましょう。
渡す相手を明確にすることが重要です。

お盆に持っていく手土産の例

お盆に持っていく手土産としては、次のようなものが考えられます。

・お菓子
・お酒
・名産品など

有名店の最新スイーツや、昔からあるような高級感のあるお菓子、お酒、名産品など、受け取る側が喜ぶようなものを選ぶとよいでしょう。
御供え物に関しても、故人を知っている人であれば、その人が好きだったものでもよいでしょう。
祖先などで知らない人の場合は、最終的に手元に残る人の好みのものだと喜んでもらいやすいです。

お盆に持っていくなら身体に優しい自然派の食べ物もおすすめ

お盆の帰省時に持っていくお土産としては、どのようなものでもいいのですが、せっかくなら普段あまり手にしないような良い品物を持っていきたいものです。
ナチュラルガーデンの贈答品は、健康のことを考えた優しい食べ物ばかりなので、お盆の贈り物としておすすめです。

まとめ

お盆の帰省時の手土産としては、親戚用と仏壇用の2種類を用意しておくのが好ましいです。
しかし、相手との関係性によっては、一つでも失礼でないこともあるため、夫婦で相談をしながら決めるとよいでしょう。
普段購入しないような健康志向のお土産であれば、喜んでもらいやすいです。
ぜひ、お土産として持っていってみてはいかがでしょうか。

ページトップへ