Column - 毎日の生活に役立つコラム

運動会のお弁当で人気のメニュー!調理がしやすくて美味しいおかずは?

小学生のお子さんがいるご家庭にとって、運動会は一大行事。おじいちゃん、おばあちゃんなど親戚も一緒に家族総出で参加されるお宅が多いのではないでしょうか?

そんな大人数で行く運動会の応援はなんと言っても、お弁当の準備が肝になります。今回は、少しでもお弁当の準備の負担を減らすような、調理がしやすくて美味しいおかずをご紹介します。

「運動会のお弁当はとにかく準備が大変」

運動会というとまず真っ先に思い浮かぶことがお弁当です。お弁当作りに慣れている親御さんでも、運動会というと子供たちのためにいつもと違ったメニューを考えたり、いつもの何倍もの量を作らなくてはいけなかったり、負担が大きいとの声がよく聞こえます。

とは言え、可愛い子供たちのために前日に寝不足になりながら一生懸命作る人もいます。

運動会の時期は春や秋にやることが多いですが、最近は昔のように気候が安定しておらず、春や秋でも夏のような暑い日があります。そんな時に前日から作りおきしておくと、どうしても菌の繁殖が気になります。いくら冷蔵庫で冷やしていても、完璧な無菌ではないため菌の増加は防げません。せっかくの大きな舞台で活躍するお子さんを見るチャンスに、食中毒を起こしてしまう可能性を考えると安易に作り置きはできませんね。

「運動会の定番メニュー」

準備が大変なお弁当作りですが、世の中のお母さんやお父さんはどう工夫しているのでしょうか?ここでは調理の簡単な定番メニューや手間をかけずに準備する方法をご紹介します。

サンドイッチ

片手で食べられることでも人気のサンドイッチは、やっぱり運動会でも定番メニューです。挟むだけの簡単なメニューですが、人数が多くなるとそれだけ切ったり挟んだり詰めたりの作業に時間がかかります。ここでおすすめの方法が、具材とパンを別々に詰めて当日好きなようにセルフでサンドして食べてもらう方法です。挟む手間がなくなると、かなりの時短になるかと思います。

おにぎり

サンドイッチと同様にどんな場でも活躍するおにぎり。こちらも簡単な割に人数分を握るのはとても時間がかかります。そんな時の裏ワザとして塩を入れて炊くという方法があります。塩を入れて炊くとそのあと混ぜる時間が短縮され、しっかり味がついているので美味しくなります。

唐揚げ

子供が飛びつくおかずといえば唐揚げ。運動して疲れている子供たちにはなおさら食べて欲しいおかずです。唐揚げは下味を付けることに時間がかかりますが、なんと焼き肉のタレを下味の調味料の代用にすると、漬け込み時間不要で早く作れます。

卵焼き

これも定番中の定番、どんな時でもお弁当に登場する卵焼きは子供たちに大人気です。卵焼きを早く作りたいときは、めんつゆを使うと簡単に味付けができ、出汁も必要ないそうです。時間がないなか、大量に作る必要がある時はぜひめんつゆを活用してください。

「オードブルで用意するのもアリ!」

運動会ではお弁当を作ることが常識のようになっていますが、親御さんへの負担が大きいことは間違いありません。特に共働きをしているようなご家庭では、時間をかけることが難しいのではないでしょうか?そんな時は「無理にお弁当を作らなければいけない」という義務感は捨ててしまいましょう。

お子さんは、学校にお母さんやお父さんが応援に来てくれるだけで嬉しいはずです。お弁当を準備することが難しい時に、おすすめしたいのが 自然食レストラン&ショップのオードブルです。自然食でこだわりの食材のオードブルで、年齢問わず定番のおかずが入っているためどんな人でも楽しめます。彩りも鮮やかでお子さんもきっと喜ぶと思います。A、Bなど種類もあるため、人数が多い場合は何種類か用意するとたくさんのおかずが楽しめます。

また人数により お弁当を用意するのもおすすめです。メニューが豊富なため選ぶのが楽しめます。お子さんには「国産鶏のからあげのり弁当」「手ごね和風ハンバーグ弁当」が喜ばれるかと思います。

お弁当を注文するとその作る時間を捻出しなくていいですし、持ち運びの苦労からも解放されて、場所取りだけに専念できるようになりますよ。

まとめ

最近は運動会が親への負担になっていることや、競技によってはけが人も毎年出ていることもあって、運動会は本当に必要なのか?という声が出ているそうです。確かに安全面や親御さんのことを考えると失くしてしまおうという意見が出るのも仕方がないことだと思います。

しかし、お子さんの成長を毎年見て感じられるこの行事が無くなってしまうのは、やっぱり寂しいものです。それだけ負担が大きいのであれば、そのお弁当作りの準備を省いて、買ったものを用意することもぜひ選択肢に入れてはいかがでしょうか。お子さんはお父さん、お母さんが応援にきてくれて、一緒にご飯が食べられるというだけで大満足のはずですから。

ページトップへ