Column - 毎日の生活に役立つコラム

消費税が10%になったら暮らしはどう変わる?生活諸経費から考える増税

消費税の引き上げが予定されていますが、生活と密に関係しているものだからこそ、どれだけの影響があるのか把握しておきたいところです。また、軽減税率が適応されるものについても知っておくことで過度な不安は解消されることでしょう。
今回は消費税増税に伴い、暮らしの変化はどのようになるのかご紹介していきます。

2019年10月に予定されている増税

財政の健全化や社会保障の充実のために、2019年10月より消費税率が8%から10%に引き上げられる予定となっています。
では、なぜ消費税を引き上げるのかご存知でしょうか。それは、所得税や法人税を上げてしまうと現役世代の負担が増えるからです。特定の人にのみ負担が増えてしまうのでは、財政の健全化に繋がるとは言えません。また、消費税は高齢者を含めた国民全員で等しく負担している税金であることや、税収が経済の動向に左右されにくいということから、国にとっては安定した財源と言えるのです。

家賃、光熱費、ローンなど生活にかかるお金はどうなるのか

消費税引き上げとなると、気になるのが生活にかかるお金です。
毎月一定額出ていくものだから、出費が増えるとなると家計への影響は大きいですよね。
増税後は光熱費において10%の税率が加算されます。ですが、増税に伴って光熱費自体が値上げされるということは現在検討されていないため、消費税分のみの負担で済みます。家賃においては元々非課税対象であったため、増税後の影響はありません。
住宅ローンについては増税が適用されますが、2019年10月1日から2020年12月31日までの期間内に入居した場合については、所得税額の特別控除の特例が用いられるようになっています。この特例とは、8%のときは所得税控除期間が10年間だったことに対し、10%になってからは13年間に延長するというもので、購入者の増税後に起こる負担を軽減させる仕組みとなっています。
このように、生活にかかるお金についても項目によって負担割合は様々であると言えます。

食べ物と家に届く新聞は軽減税率適用で8%据え置き

食材や食品については、8%据え置きとなっています。ただし、こちらも例外があるのです。
スーパーやコンビニ、レストラン、ファストフード店などで食べ物を買って家に持ち帰る場合は8%ですが、店内で飲食する場合は10%の税率がかかります。また、新聞も定期購読の場合は8%に据え置きですが、コンビニや駅などお店で買った場合は10%の税率となります。

お菓子は8%のまま!

購入して家で食べるお菓子は消費税が8%のままなので、今まで通りの価格で購入することができます。ここでは、増税後もおいしく食べられるおすすめのお菓子をご紹介します。

今回紹介したこだわりの自然素材を使用したお菓子は、どんな人でも安心して食べられますし、増税を気にせず楽しむことができるので嬉しいですね。

まとめ

消費税が10%になることで、増税後の暮らしは変化していくでしょう。
ですが、食材や自宅で食べる食品などに関しては軽減税率が適用されるため、家計に対してとても大きな負担になることはなさそうです。増税後のやりくりを工夫しながら、無理のない範囲で今まで通り生活を楽しんでいけるようにしましょう。

ページトップへ