Column - 毎日の生活に役立つコラム

バレンタインに本命に贈りたいお勧めのプレゼントは?チョコレートと一緒に!

バレンタインで相手への思いを伝えるためには、他の人とは少し違ったものをプレゼントするというのもよいでしょう。しかし、チョコレート以外に何を贈ればよいか分からないという方は多いのではないでしょうか。

今回はそんなバレンタインに思いを寄せる人へ贈るのによいチョコレート以外のものや、それと合わせて贈るのがお勧めのバレンタインチョコをご紹介します。

「バレンタインにお勧めのプレゼントは?」

バレンタインで贈るチョコレート以外の品物は、相手の年齢や好み、実用性などから決めるのがおすすめです。例えば、社会人として働いている人であれば、仕事でも使えるネクタイや万年筆などを選ぶのもよいでしょう。また、30代以上のある程度年齢を重ねている人であれば、少し高価なワインなどのお酒類を贈るというのもおすすめです。

ただし、これらの品物は相手の好みによってはあまり喜んでもらえないこともあるため、下調べは入念に行うようにしましょう。また、ある程度親しい相手であれば、好みを聞いた上でディナーに誘うというのもお勧めです。

「本命へのプレゼントにかけたい予算は?」

チョコレート以外の品物をバレンタインで贈る場合、チョコレートを贈る場合に比べると若干多くのお金が必要となります。例えば大学生の場合、チョコレート以外の品物を贈る場合の予算は3,000円~7,000円が相場となっており、一般的なバレンタイン向けのチョコレートよりも少し高価なものを贈っている方が多いことが分かります。

また、社会人になると相場は5,000円~12,000円程度にまで跳ね上がり、本命の人へはより高価なものを贈りたいと考えている方が多いといえます。ただし、これらはあくまでも一般的な相場であるため、相手との関係性や自身の経済状況によっては相場に沿わない金額のものを贈っても特に問題はありません。バレンタインで重要なのは相手へ自身の気持ちをしっかりと伝えることであり、費やした金額の多さは関係ないということは基本的なこととして覚えておくとよいでしょう。

「本命へのバレンタインチョコにかける予算は?」

バレンタインで本命の人へ思いを伝える際には、チョコレートとそれ以外のプレゼントを併せて贈るというのがおすすめです。続いては、そんな本命の人へ贈るチョコレートの相場についてです。

上述したチョコレート以外のプレゼントに比べると、チョコレートはバレンタイン向けのものであっても数千円程度であるため、相場は自然と低くなります。大体の相場は1,200円~1,600円程度となっており、その年の経済状況などによっては数百円程度増減することがあるようです。
また、本命チョコの相場は年齢が上がるに従って高くなる傾向にありますが、20代、30代、40代の年齢ごとの差は100円程度となっており、年齢が上の人ほど高価なものを購入しなければならないと考える必要はないでしょう。

「本命にお勧めのバレンタインチョコは?」

本命に贈るバレンタインチョコとしては、特別な日にピッタリの高級感のある以下のようなお菓子は贈るのがお勧めです。

ページトップへ