SHOP - こだわりのお米

美味しくて 安心なお米をお届けします

ナチュラルガーデンで使用するすべてのお米は化学肥料不使用

農薬もできるだけ使用せず、生産者が丹精込めて育てた混じり気のない純粋なお米
「ヒノヒカリ」を使用しています。

伊佐ひのひかりがおいしい理由

『伊佐ひのひかり』は、鹿児島の北海道と言われる寒暖の差が激しい山間部、伊佐地方の厳しい自然の元で育ちます。
美味しいことから、薩摩藩の蔵米として有名でした。大自然に育まれた豊穣のひとつぶひとつぶがきらりと光ります。

  • 水郷の地

    旨い水が旨い米を 伊佐は、焼酎のふる里として、その昔から名を馳せています。
    田に引いている水は、昔から地元の杜氏の方々が、焼酎製造用の検査水として、わざわざ汲みに来られていた、まさに天然ミネラル水です。

  • 山間の豊かな自然

    森林からの湧き水 九州山脈に囲まれた伊佐地区は面積の80%が森林でいたるところに水源があります。
    そこから湧くきれいな水で米を作るのだから、美味いのは当然です。

  • 厳しい寒暖の差

    鹿児島の北海道 山々に囲まれた伊佐盆地。
    稲作栽培の時期は、最高気温が36度、最低気温が20度、朝晩の寒暖の差が大きいのです。
    昔から鹿児島随一と言われる『伊佐米』には欠かせない条件です。

伊佐から、こうしてお米は届きます

生産農家の顔が見える!100%伊佐産「ヒノヒカリ」を直接お届けします。

安心のお米「伊佐ひのひかり」

有機栽培米 【松下さんのお米】

  •   通常価格 定期購入価格
    3kg 2,580円 2,240円
    5kg 4,300円 3,700円
    10kg 8,600円 7,340円
    玄米・白米からお選びください

生産者紹介

  • 松下 寛隆さん
    EM栽培農家
    米は日本人の主食であり、命を繋ぐものです。米を作った田から汚れた水を流し、川を汚したくないから、10年以上にわたり、農薬や化学肥料を使用せず、化学合成の除草剤や殺虫剤も使用せず、環境を考え、命を考えた米作りをしています。苗作りが稲作りの命といわれますので、農薬を使わない温湯消毒をはじめ、丈夫な苗を作るべく、毎年精進しています。2014年に有機JAS認証を受け、さらに安全・安心を追求しています。

    写真左が寛隆さん

かごしま県認証 特別栽培米【契約者農家のお米】 ※生産者を指定して購入できます。

  •   通常価格 定期購入価格
    3kg 1,800円 1,620円
    5kg 3,000円 2,700円
    10kg 6,000円 5,340円

わたしたちのグループ全員で同じ米作りを徹底し、安全・安心と胸をはって言える米作りに取り組みました。今年も農薬を使わない苗作りのために、温湯消毒した種子を蒔きました。農薬を減らすことを考えて、田植えの時期も配慮しました。
毎年同じ米作りはできない農業は一生勉強だと思っています。

生産者紹介

  • 壱岐 清次さん
    代表栽培責任者
    伊佐地区の、安心なお米を作るグループの代表責任者。
    「米の栽培と和牛の飼育をしているので、牛堆肥を使った特別な肥料が特徴の、おいしいお米に定評があります。」
    ※玄米・白米からお選びください。
  • 伊尻 輝久さん
    米作りをして四十年以上のベテラン。
    「丈夫な稲を作るために、苗の栽培時期から田植えの時期まで、水の管理に一番気をつけました。おかげでおいしい米ができました。ぜひ食べてみて下さい。」
    ※白米のみ。
  • 上園 正利さん
    とにかく真面目さがとりえの上園さん。
    生産者の中で一番高い場所に田んぼがあり水も空気もきれいな環境が稲を育みます。 「毎年、もっとうまい米ができあがるように、米作りに取り組んでいます。」
    ※白米のみ。

ご注文頂いたら精米いたします。生産者をご指定ください。

かごしま県認証 特別栽培米【田之神の恵み】

  •   通常価格 定期購入価格
    5kg(白米) 2,800円 2,430円
    10kg(白米) 5,370円 4,670円

伊佐の豊かな自然の中で育まれた「ヒノヒカリ」を、産地指定グループで共同管理・保管し、よりお求めやすい価格に。もちろん「ヒノヒカリ」100%、「かごしま県認証 特別栽培米」だから、安心してお召し上がりいただけます。

ナチュラルガーデンのお米講座

お米の美味しい炊き方

お米は、米を研ぐ時に一番水分を吸収します。

美味しい水は、炊く時よりも研ぐ時に使うと、より一層美味しく炊き上がります。
炊く前に1~2時間ほど水に浸します。
鹿児島のお米には、同じ土地の水「高牧の森の水」(軟水・硬度94.9)をお使いいただくと、
より一層美味しくお召し上がりいただけます。

お米の保存方法について

お米は高温・多湿な場所を避け、 ニオイの無い冷暗所に密閉して保存してください。

お米は高温・多湿になりますと、虫やカビが発生するおそれがあります。また、ニオイを吸着しやすいためニオイのある食品・場所を避けて保存することが大切です。

当店からお届けするお米の袋には、お米が呼吸できるよう通気性のある素材を使用していますが、この状態でのご家庭での長期保存には適していません。

ペットボトル等の密閉容器にお米を入れ、冷蔵庫で保存してください。

お米に最適な温度・湿度で保存することができ、また、密閉した容器に入れることでニオイの吸着を防ぎます。

ページトップへ